ホットヨガとは?

ホットヨガとヨガって何が違うんでしょうか。実は、その違いがホットヨガのキモであるホットな部分、温度なのです。室温を38℃から40℃、湿度を60%から65%の環境下で行なうのがホットヨガ。その温度が実は、最も筋肉が柔らかくなる温度で、ケガをしにくいという利点があるのです。

高温多湿な室内でヨガに取り組むことで、大量の汗をかき、体内の老廃物が排泄されます。そのため、ホットヨガには、デトックス効果があります。運動不足、寝不足、ストレスなどに取り囲まれた現代人にとって、日常生活では出せてない出すべき汗を出す事ができるので、便秘・冷え性・むくみ・肩こり・生理痛・肌荒れなどの改善にもつながります。

さて、ホットヨガをするには、近くのホットヨガ・スクールに通うのが手っ取り早いですし、最近では地域のカルチャースクールでもホットヨガを教えていますので、割安でホットヨガに取り組めるようになりました。しかし、夏場なら、しばらく窓を閉め切った室内は、ファンヒーターや保湿器がなくても、高温多湿状態を割りとカンタンに作り出せます。そこで、書店で販売されている雑誌や本などを参考に60〜90分ポーズを取れば、自宅でもホットヨガを体験できます。こまめに水分補給をし、新陳代謝を促がしましょう。

こまめに水分補給をしないと、ホットヨガの場合は想像以上の発汗により、脱水症状を起こすことがあります。他にも熱中症や酸欠、嘔吐することもあるので、食後3〜4時間はあけましょう。難しいポーズをするときには、靴下を履いているとすべりやすくなるし、メガネをかけていると、滑ってしまった場合、ケガの原因になるので、メガネや靴下ははずしてから、取り組みましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60061749

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。