顔面ヨガ

今、ニューヨークの人々が若々しい肌を保つための顔面ヨガにハマっているそうです。顔の筋肉を意識的にレーニングすることで表情筋を強化し、それで顔の老化にブレーキをかけるというのが顔面ヨガなので、近ごろ話題になっている顔面エクササイズなのです。

たとえば、舌を出しながら目をグルグルと動かすトレーニングがありますが、これは顔の筋肉を意識的に動かして、伸ばしたり整えたりする顔面ヨガのひとつのトレーニング法です。このような顔面ヨガのエクササイズを習慣的に行っていると、血液の流れがスムーズになり、肌をいきいきと保つことができるというわけです。

この運動は医学的エクササイズで、リハビリ治療でも取り入れられています。この顔面ヨガを行うことにより表情がイキイキとなります。そうすることで、表情のあるきりりとした顔を維持していくことができるでしょう。

目をしっかり見開いて表情筋を大きく動かし、のどから声を出すのがポイントです。息はできるだけ長い時間を吸い長い時間をかけて吐くのが基本です。顔面ヨガを続けていると、顔の筋肉が引き締き締まる上に、体全体に若さと活力があふれるようになり、元気が出てくるという効果もあります。

こんな効果をもたらす顔面ヨガですから、日本でもブームが押し寄せてくるかもしれませんね。また顔のシワの軽減にはボトックス注射や美容整形などの選択肢もあります。

ホットヨガとは?

ホットヨガとヨガって何が違うんでしょうか。実は、その違いがホットヨガのキモであるホットな部分、温度なのです。室温を38℃から40℃、湿度を60%から65%の環境下で行なうのがホットヨガ。その温度が実は、最も筋肉が柔らかくなる温度で、ケガをしにくいという利点があるのです。

高温多湿な室内でヨガに取り組むことで、大量の汗をかき、体内の老廃物が排泄されます。そのため、ホットヨガには、デトックス効果があります。運動不足、寝不足、ストレスなどに取り囲まれた現代人にとって、日常生活では出せてない出すべき汗を出す事ができるので、便秘・冷え性・むくみ・肩こり・生理痛・肌荒れなどの改善にもつながります。

さて、ホットヨガをするには、近くのホットヨガ・スクールに通うのが手っ取り早いですし、最近では地域のカルチャースクールでもホットヨガを教えていますので、割安でホットヨガに取り組めるようになりました。しかし、夏場なら、しばらく窓を閉め切った室内は、ファンヒーターや保湿器がなくても、高温多湿状態を割りとカンタンに作り出せます。そこで、書店で販売されている雑誌や本などを参考に60〜90分ポーズを取れば、自宅でもホットヨガを体験できます。こまめに水分補給をし、新陳代謝を促がしましょう。

こまめに水分補給をしないと、ホットヨガの場合は想像以上の発汗により、脱水症状を起こすことがあります。他にも熱中症や酸欠、嘔吐することもあるので、食後3〜4時間はあけましょう。難しいポーズをするときには、靴下を履いているとすべりやすくなるし、メガネをかけていると、滑ってしまった場合、ケガの原因になるので、メガネや靴下ははずしてから、取り組みましょう。

ヨガマットの通販

ヨーガ&ピラティスマット

今流行りのヨガを家庭でもやろうと思って、教材のDVDを買ってきたのはいいけれども、フローリングの床にタオルを引いただけでは痛いし、畳の上でやろうと思っても、畳が傷んでしまう恐れがあります。

それに普通にタオルをひいただけでは、滑ってしまうので思うようにヨガのポーズを取ることができません!


そこで登場するのがこの「ヨーガ&ピラティスマット」!!

ヨーガ&ピラティスマット
ヨガやピラティス用の専用マットですので、滑る心配もありませんし、マットの上でも手足をしっかりとグリップしてくれます♪クッション性も抜群でどんなポーズでも違和感なく行えます☆

ヨーガ&ピラティスマット

大きさも余裕の61cm×172cmで、収納時には丸めておけるのでとっても便利! これならば、必要な時だけ取り出してヨガやストレッチを思う存分行えますね!



▼チェックポイント!

●今話題のヨガをご家庭でやる時の必需品!
●クッション性も抜群なので、正座などの姿勢も楽にできます♪
●余裕の大きさなので、様々なポーズをとることができます。
●丸めることもできるので、収納もラクラクです☆


ヨーガ&ピラティスマット

ヨーガ&ピラティスマット

希望小売価格¥2,480 → 販売価格¥1,029

今流行りのヨガを家庭でもやろうと思って、教材のDVDを買ってきたのはいいけれども、フローリングの床にタオルを引いただけでは痛いし、畳の上でやろうと思っても、畳が傷んでしまう恐れがあります。それに普通にタオルをひいただけでは、滑ってしまうので思うようにヨガのポー…

拡大画像を見る
商品詳細ページへカートページへ

ヨガに関連したコラム

ヨガ

著 者: 池田 康祐


紀元前三千年ごろにインダス川流域において古代文明が栄えました。 ご存知でしょう。 インダス文明ですね。

その流域の発掘品の中にヨガの行者らしい格好の座像が発見されたことにより、ヨガの起源はインダス文明の頃だろうと言われています。

しかしその当時はヨガという言葉はなかったので、その頃が起源と決定してしまうのは早すぎるかも知れませんね。

ヨガという言葉の本来の意味はサンスクリット語で

「馬を馬車につなぎとめる」

ということになっています。英語の「yoke」と同じ語源です。

これが後に抽象化されて 「統合」 を意味するようになりました。


ヨガのポーズの特徴は

弛緩 → 緊張 → 弛緩 → 緊張・・・

という一つのリズムで進めていくことにあります。これは自律神経と同じです。

どういうことかと言うと、緊張が高まると交感神経が働きますし、弛緩すると副交感神経が働きます。

交感、副交感のバランスが取れていて初めて人間の体はうまく成り立っていきますから、ヨガのリズムはとても重要なことになります。

さらにヨガのポーズの目的の一つに、体下部に溜まっているエネルギーをいかに上部に上げるかということがあります。

人は呼吸と一緒に宇宙のエネルギーを吸い込み、そのエネルギーを頭の後ろにある松果体を通って体中に流れていきますが、残念なことにこのエネルギーは下部に滞りがちなので、脳まではあまり伝わりません。

その上、エネルギーの通り道である背骨が硬い人はなおさら伝わりにくいのです。

そのためにヨガでは背骨の柔軟さが重要視されています。

このことから分かるように、ヨガのポーズのほとんどが背骨の運動になっています。

・後ろに反る
・前に倒す
・上下に伸ばす
・ねじる

これらの動作をすることで背骨を介してエネルギーを伝えていくわけですね。


自分の体が持つ機能を少しでも活かすために、一度お試しください。



           IRORINET  http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


マタニティヨガとは?

マタニティヨガとは快適な妊娠生活を送るための妊婦のためのヨガです。妊婦に無理の無いヨガで、骨盤を広げ、出産に必要な筋力をつけるためのものです。ヨガの呼吸法は、出産をスムーズにするとも言われています。ヨガはストレスの軽減にも役立つため胎児にも良いとされています。

マタニティヨガは、妊婦に危険が無いよう、とても軽いポーズなどで構成されています。ヨガ初心者でも簡単に行えます。ヨガの呼吸法は出産の時の痛みをやわらげるのにも使えますし、開脚のポーズ(アサナ)などは、骨盤を広げ、産道を確保するためにも役立ちます。

妊婦はただでさえ運動不足になりがちです。そのまま運動不足でいると、出産の際に必要な運動能力が欠けてしまうことが考えられます。そんな自体を回避するために、普段から身体を動かすことが大切です、マタニティヨガはエクササイズでもあるために身体をやわらかくするのと同時に必要な筋力もやしない、出産を楽にするのです。

マタニティヨガにもたくさんありますが、呼吸法と一番人気のある首回しのポーズを紹介します。まずは肩の力を抜き背筋を伸ばします。そしてゆっくり息をはき、息を吐ききったら、ゆっくり息を吸い込みます。赤ちゃんに酸素を送るイメージをしてください。首回しのポーズは、あぐらをかいて、背筋を伸ばしつま先を両手でつかみ首を好きな方向へ廻してください。姿勢が矯正され、とても楽になります。

お世話になっているサイトさまリンク集

お世話になっているサイト様のリンク集になります。

Yomiサーチ
Yomiサーチ
アクセスアップを全面的に応援するサーチエンジンです。

Wakabagari(若葉狩り)

カジノ必勝法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。